tanakara

BLOGブログ

国宝松本城氷彫フェスティバル2017

どうもこんにちは。タナカラ&松本経済新聞の山口です。あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします(もう1月も終わりますが…)。

さて、今回の【アトサキマツケイ】は、「氷彫フェスティバル」の話です。

国宝松本城氷彫フェスティバル2017「氷彫フェスティバル」、松本城公園の様子

松本城公園で「氷彫フェス」 コンクールは今年でファイナル

タイトルにもある通り、コンクールは今年が最後(イベント自体は来年以降もあります!)ということで、やはりここはコンクール、行っておかないといけないでしょう。

…とはいえ、コンクールの氷彫の制作時間は17時30分から翌朝5時30分。制作作業を見るためには、頑張らないといけないわけです。何を頑張るかというと主に早起き。

ちなみに、これまで氷彫フェスの取材は何度かしていますが、一度だけ早朝に行った(帰りに瑞祥にも行った)記憶があります。調べてみたら2013年でした。そうなの、ライトアップされているのを見るためには早起きしなきゃいけないの。

と、言うわけで、日曜早朝の松本城です。

国宝松本城氷彫フェスティバル2017山雅エンブレムがお出迎え

まだ暗いのは5時だから。制作はちょうど佳境というところです。

国宝松本城氷彫フェスティバル2017残り僅かな時間、あとは仕上げです

氷を削る機械の音があちこちで聞こえます。削られた細かい氷が空中を舞っていました。

国宝松本城氷彫フェスティバル2017ノコギリも使う

国宝松本城氷彫フェスティバル2017削ったり

国宝松本城氷彫フェスティバル2017バーナーで溶かしたり

削ると白くなる氷。透明にするにはバーナーを使って溶かさないといけないんですね。

国宝松本城氷彫フェスティバル2017あっちもこっちもバーナー登場

国宝松本城氷彫フェスティバル2017こんな時間ですが結構ギャラリーいます。

5時30分を回ると、制作時間終了のアナウンスが。この段階ではまだあたりは暗かったです。そこからは撤収作業に。

国宝松本城氷彫フェスティバル2017氷は重い。重機で運び出します。

撤収作業が終わるころには少しずつ空が明るくなってきました。

国宝松本城氷彫フェスティバル2017この日の最低気温は-5℃くらい。

完成した氷彫は、一つずつライトアップされていきます。

国宝松本城氷彫フェスティバル2017カラフルになる氷彫

国宝松本城氷彫フェスティバル2017キラキラする氷彫

6時を回ると、同時開催の「松本鍋まつり」のブースも開いてきました。豚汁とか温かい蕎麦とか素晴らしいですよね…!

国宝松本城氷彫フェスティバル2017人が増えてきました。

そんなわけで、コンクールは寒さと闘ったかいもあってか(?)見応えある面白いものでした。今回が最後というのは残念。でも来年以降もこの時期のイベントは続くということで、どうなっていくのか楽しみです。

ブログ 記事一覧